即日でお金を借りる

即日でお金を借りたいニーズに答えてくれるカードローン

すぐお金を借りたいなら抑えるべき3ポイント

申し込み〜審査完了の短いところを!

カードローンによって審査完了に掛かる時間にバラツキがあります。
大手の中で最も最短は30分です。すぐに借りたい方は「審査完了まで最短30分」がポイントです。

 

振込が希望なアナタは

カードローン会社と提携している金融機関の口座を持っていれば、振込がスピーディーです。
大手の中では「アコム」が最も提携金融機関が多いのでオススメです。

 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行  平日の19:00まで対応(初回振込み時のみ)
 楽天銀行  24時間365日振込み反映(メンテナンス時間を除く)

 

無人機でスグに借りたいアナタは

ネットで申し込み〜審査を終えて、無人機でカードとお金の受け取りを行うのが最短で手元にお金が入ります。
その際にポイントとなるのが「無人契約機の数」です。大手の中で無人契約機が多いのは業界のパイオニアでもあるアコムです。

 

急いでいるからこそ気をつけたい!即日でお金を借りるならココに注意!

単純な記入ミスに注意

ネット申し込みで最も多いのが「メールアドレス」の記入ミスです。

 

特にメールアドレスを記入する際に「ドット」の打ち間違いが多いので、必ず下記の点を気を付けて下さい。

  1. 半角になっているか
  2. カンマになっていないか
  3. 場所は正しいか

情報が正しく入力されていないと、それだけで時間のロスになります。
メールアドレスだけではなく、電話番号や生年月日、住所などを記載する際には凡ミスには気を付けて下さい。

 

希望金額は収入証明書が不要な金額に

一般的なケースとして、希望借入金額が「50万円以上」を境に収入証明書が必要となります。

 

また、金額が大きいので審査にも時間がかかってしまうので、即日でお金を借りたいのであれば、希望金額は多くても30万円にしておいた方がスムーズです。
ただし、金額の大小に問わず大手の銀行系カードローンの場合には収入証明書が必要になる場合があります。

 

必要書類(本人確認書類)を用意しておく

運転免許証(なければ健康保険書、パスポート)は必ず必要です。

 

また、上記の書類に記載されている住所が、現在の住所と異なる場合には、名前と現住所が記載してる公共料金の領収書などが別途必要になります。

 
初めてのお金を借りる人にアコムが人気な理由

電話対応の丁寧さもアコムの評判のよさを支えている

お金を借りる経験は、誰でも初めてのときはドキドキ緊張したり不安になったりするものです。そんな初めての方から人気なのがアコムです。

 

テレビCMでもお馴染みのフレーズ「はじめての〜アコム」は、ただのキャッチフレーズではありません。カードローン経験者の中でよく言われるのは、アコムは電話の対応が素晴らしいという点です。こちらの様々な疑問にていねいに親身になって答えてくれます。

 

そして初めて利用する人なら、30日間は金利ゼロ円というのも大きな魅力です。
急な出費に備えるだけなのに、高い金利を取られるのは勿体ないですからね。無利息の期間中に返済をしてしまえば、カードローンを恐れる必要はありません。

 

お金を借りるのは怖くない

カードローンでお金を借りても、計画的な使い方をしていれば全く怖くありません。アコムはあの三菱UFJフィナンシャル・グループの企業ですし、金融庁の管理の下で経営を行っています。怪しい闇金融でお金を借りるのは怖いですが、大手の会社であれば心配はありません。

 

事実、キャッシングやカードローン会社からお金を借りたことのある人数は1200万人いるとの調査結果もあります。国民の10人に1人は借りている計算になるので、アナタの周りの人にも利用者がいても不思議ではありません。それだけカードローンは私たちの生活の身近な存在になっているのです。

 

ただし、働いて収入がないとお金を借りる事はできませんので、実際には労働人口(平成26年度で6371万人)の中の1200万人と言う数字は、5人に1人はキャッシング経験者であるといえます。

 

友人や知人にお金を借りてトラブルになるよりも、キャッシングやカードローン会社を上手に使っている人は増えてきています。必要以上に不安にならずに、金利や返済方法などを頭に入れて計画的に利用すれば、心強い味方になってくれますよ。

誰でもお金を借りられるの?

どんな人でも借りられるの?

基本的にキャッシング会社の大半では、「安定した収入がある事」と「20歳以上69歳未満」という制限を設けていますが、これをクリアしていれば借りられる事がほとんどです。

 

ただし今までにキャッシングを利用していて返済時にトラブルを起こした人や、総量規制ギリギリまで他の会社から借りている人などは、審査で落とされることが一般的です。上記の2つの項目をクリアしている、かつ、「返済能力を疑われる要素の少ない人」であればキャッシングを利用することができます。

 

返済能力を疑われる要素とは?

カードローンでの審査の際には、個人の金融取引の情報が記録されている信用情報機関(CICやJICC等)に記録されている情報と、カードローン会社内での独自の審査によって貸付可能かを見極めます。

 

ここでポイントとなるのは信用情報です。これは今までのクレジットカードの取引履歴や過去のカードローンの利用状況などが記録されており、そこでの事故(滞納や返済トラブル)が無いことが重要です。また、当然ですが債務整理や自己破産などで借金整理をした人は返済能力が乏しいと判断されるので、この信用情報を元に審査に落とされてしまいます。

 

ただし、クレジットカードの引き落としがうっかり忘れでできなかった、という誰にでも起こりうる返済の遅れであれば問題視されることはほとんどありません。あくまで、誰かに迷惑をかけた返済事故があるかどうか?と言う点が重要視されるので、よほどのことがない限りは信用情報に傷が付いていることはありません。

 

この信用情報は個人で閲覧が可能なので、自分の情報が気になる方は一度確認してみることをお勧めします。概ね数百円程度で閲覧することができ、郵送で送ってもらう事も可能です。カードローン会社によって取引している信用情報会社は異なるので、各社のホームページを参考にして下さい。

 

正社員じゃないと借りられないの?

正社員じゃないとだめ?

カードローンの申込の際に、年収・職業・雇用形態・勤続年数を必ず申告しますが、この要素である程度はその人の返済能力を見て取れます。

 

しかし、非正規社員も増加している今のご時勢では、正社員以外の人でもお金を借りたいニーズはあるので、フリーターや派遣社員、パートの主婦でも借りる事はできます。ただし、正社員で働いている人に比べると返済能力も年収も低いことが多いので、借りられる金額は低めに抑えられます。

 

また自営業で開業して間もない人は、収入が不安定である事も多いので、審査の際に収入を証明する書類(確定申告書)の提出を求められることもあります。同様に勤続年数が短い人も、すぐに仕事を辞める人ではないか?(これは年齢と勤続年数との兼ね合いもありますが)という疑念を抱かれてしまうので、審査の際にプラスには働きません。

 

逆に、カードローン会社からして「ぜひこの人には貸付をしたい!」と思われる人は、大企業の社員や公務員で、しかも勤続年数が長く、持ち家の人が理想的な条件です。勤続年数が長い・持ち家である、ということは安易に住所を変えない人(=逃げてしまうリスクの低い人)という裏づけにもなります。

 

「きちんとしっかり返済してくれる人なのか=安定した収入と住まいがある人」とも言い換えることができるので、逆にこの理想像からどれだけ離れているのか?を考えてみると、借りやすさ・審査の通り易さが自ずと見えてくるかと思います。

今日中に借りたい!という人は早めの申込を

今日中に借りたい人は時間に注意

何とか今日中にお金を借りたいという人は、申込む時間にも注意が必要です。

 

特に振込で借り入れを希望するのであれば、金融機関の振込時間との関係もあるので遅くとも14時までには審査を終えて、カードローン会社から振り込む準備ができている状態でなければいけません。

 

仮に16時に振込みをしてもらっても、あなたの銀行口座に振込みが反映されて実際に入金されるのは翌営業日になってしまいますからね。

 

つまり、即日振込みを希望するのであれば午前中に申込を行っておくのが安全です。

 

14時を過ぎたらもう当日中には借りられないの?

一般論で言えば、14時を過ぎると振込は翌営業日になってしまいます。

 

しかしアコムを初めて利用する人であれば、この振込時間を延長してくれるサービスがあります。当サイト冒頭でも触れましたが、「三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行」の口座をお持ちであれば平日の19時まで、楽天銀行の口座をお持ちであれば24時間対応というように、アコムの営業時間内であれば遅い時間でも振込みをしてくれます。

 

ただこれは初めてアコムを利用する人向けの初回限定サービスとなるので、既にアコムを利用した事のある人は残念ながら適用されません。アコム以外の大手消費者金融(レイク、プロミス、アイフル)などでも同様のサービスを行っている場合があるので、各ホームページをご覧下さい。

 

参考になるホームページとして、即日借りるにも即日融資の時間的目安が記載されています。同ホームページにおいても、即日が希望なら銀行系よりも消費者金融のほうが早いとの解説もあります。急ぎであるなら、消費者金融。そして金利の高さをカバーする為にも無利息期間サービスをしているところを選ぶのが上級者の利用法です。

 

無人契約機なら何時でも借りられるの?

無人契約機の様子

カードローン会社直営の無人契約機であれば、通常夜21時ぐらいまで営業しているので、ネットでの申込をして無人契約機でローンカードを受け取ってATMで現金を引き出すことができます。

 

無人契約機まで足を運ばないといけませんが、この方法であれば振込時間に間に合わなかったとしても確実にお金を受け取ることができます。

 

直接無人契約機から申込を行って審査をしてもらう事もできますが、1時間以上も拘束されることが多いので、予めネットで申込をしてから無人機に行く方が短時間で終わるのでお勧めです。長時間、あの小さなブースにいるのは退屈ですし時間が勿体無いですからね。

 

無人契約機のブースってどうなってるの?

無人契約機の中は「無人」とはいっても、カメラによって中の様子は常に見られています。備え付けの電話はオペレーターと直通で話せるようになっているので、何か疑問点や不明点があればその場で質問することもできます。

 

中にはタッチパネル式のディスプレイが置いてあり、スキャナー機能を持った机があります。身分証明書などをそのスキャナーで読み込ませたり、ディスプレイで必要情報を入力したり、自動で契約書が出てきたりと、かなりハイテクなシステム満載の個室となっています。

 

また、いくら知らない人だったとはいえ、あまり他の人と会いたくない場所ということはカードローン会社もよく分かっています。あなたがブースに入るとオートロックで鍵が閉まるようになっているので、外から他の人が入れないような仕組みになっています。