お金を借りる

大人になったからこそお金の知識をつけよう

景気は回復しているとも一言われていますが、所得減、リストラ、倒産、増税などのお金にまつわる話題は絶えません。家計の負担は軽くなるどころか、増していると実感している方も多いはず。

 

特に消費税が8%にアップし、更に10%になるのも確実。わずか数パーセントの違いですが、スーパーでちょっとした買い物をするだけでもその金額の違いが家計に与えるダメージは大きいものです。

 

所得の高い低いだけでは家計の良好度は判断できず、お金持ちだなと思っていた人が実は借金に悩んでいた、ということも珍しくありません。借金の速やかな解決はいまだ緊急課題です。

 

私たち日本人は、お金のこと、特に経済的な不安や悩みの話をあまりしないものです。「お金の話をすることは恥ずかしい」などという昔ながらの考え方を根底に持っています。そしてお金について学ぶ場所が大人になってもありません。学校でもお金に関する授業なんてありませんし、唯一大学の「経済学部」ぐらいでしょうか。

 

それでも経済という大きな枠の勉強はしても、日々の生活でのマネーリテラシーを学べるかと言えば疑問です。

 

とにかく私たち日本人は、お金に対する価値観が欧米諸国と比べて変わっていると言っても過言ではありません。

 

このカテゴリーでは、そんなお金・借金について改めて学んで欲しい内容ばかりですので、ぜひご覧下さい。

お金を借りる記事一覧

消費者金融はどういう仕組みで、どうやって儲けを出しているのか知っていますか?「そりゃ、お金を貸し付けて利息を取り、それで成り立っているのでしょう・・・」正解です。では、銀行とは何が違うのでしょうか。「銀行も個人にお金を貸し付けているが、お金を預かる預金業務もしている」正解。消費者金融業者は預金業務をすることができません。貸し付けるだけです。よって消費者金融業者は貸し付ける業務がすべての基本になって...

借金を膨らませてしまった原因は人それぞれですが、大きく2種類に分けられます。一つは、無計画な遊興、ギャンブルなどによる「浪費型」。もう一つは「不況型」。景気低迷による所得減やリストラ、会社倒産などによるものです。現在は、この不況型が非常に多いのです。給料のカットや失業を余儀なくされた人が、安定した収入を前提に借りていた住宅ローンの返済や子どもの教育費に充てる資金に窮することになります。それを補うた...

毎月なにげなく返済しているかもしれませんが、支払う金額のうち、いくらが元金でいくらが利息かを意識したことがありますか。あなたが思っているより、利息(金利)とは手ごわいものです。返済困難に追い込んでいく、大きな原因の一つとなっています。借りたお金そのもの(元金)を返すのも大変なのに、そのうえに高い金利がついているわけですから、苦しくなるのは当然です。金利によってなぜ返済が大変になるのかを具体的に見て...

借金を整理するには、どのような方法があるのでしょう。主だったものを簡単にあげてみます。特定調停簡易裁判所に特定調停を申し立て、裁判所に債権者(貸し手)と債務者(借り手)のあいだに入ってもらい、借入額の減額や返済方法などを話し合うための方法です。また、従来の多くの知識を必要とする民事調停と違い、自分で申し立てることができます。費用も安いといった点もあり、利用されることに拍車がかかっています。特定調停...