借金の解決方法

借金整理の4つの方法

借金を整理するには、どのような方法があるのでしょう。主だったものを簡単にあげてみます。

 

特定調停

簡易裁判所に特定調停を申し立て、裁判所に債権者(貸し手)と債務者(借り手)のあいだに入ってもらい、借入額の減額や返済方法などを話し合うための方法です。

 

また、従来の多くの知識を必要とする民事調停と違い、自分で申し立てることができます。費用も安いといった点もあり、利用されることに拍車がかかっています。特定調停は、利息制限法に基づく金利の引き直しによって借金が減る、将来利息カットで分割払いになるという効果を得られることが多く、場合によっては借金が半分以下になったとか、債務ゼロになったというような、今後を大きく変えることさえ起こりえます。

 

任意整理

特定調停と同じような効果を狙ったものですが、こちらは裁判所を利用せず、弁護士や(認定)司法書士に委任してあいだに入ってもらい、借金を整理していく方法です。

 

法律家に委任しますのでその分費用はかかりますが、委任したあとはあなたに代わって各債権者と交渉などもしてくれますので、確実に決着をつけられます。

 

そのためには、現状をきちんと打ち明け、返済に無理がないことなどの前提条件があることを忘れないでください。加えて、その法律家が経験豊かな信頼できる人であることも必要でしょう。

 

仕事が多忙でなかなか裁判所に行けない人や、特定調停を利用しようとしてもどうも理解できないと思う人などにとっては、いい方法だといえます。

 

個人再生

この制度は、2001年4月にできた比較的新しい制度です。一般的にはまだ浸透していないのですが、一定の要件を満たせば、住宅を手放すことなく、住宅ローン以外の借金を大幅に減らせます。住宅ローンについては、返済計画の見直しをして返済方法を変更したりもします。

 

この制度の注目すべき点は、利息制限法による金利の引き直しも利用した上で、さらに元本が最大で10分のーまで減らせるというところです。そのため、金利の引き直しによっても債務の圧縮が見込めない場合や、それだけでは返済しきれないほどの借金が残る場合などには有効な方法です。

 

もちろん、利用できる条件さえ満たしていれば、住宅(持ち家)がない人も利用できます。「自己破産に納得できない」「安易に自己破産をしたくない」と思われている人は、検討してみる価値があります。

 

自己破産

借金整理の方法としてあまりにも有名。そのため誤解やデマ情報もよく聞きます。

 

自己破産は裁判所に申し立てを行い、破産宣告のあと免責決定を受けることによって、すべての借金について返済を免除してもらうというものです。

 

特定調停、任意整理、個人再生などによっても借金整理できない場合に利用する制度で、最終手段です。ただ借金の返済から逃れたいからと安易に講ずるものでもなく、また、返済がきつくなったからといって、あわててこの制度を考える必要はありません。

関連ページ

消費者金融はどうして利息が高い?
消費者金融がどのように利益を出しているのか知っていますか?また、どうして銀行で借りるよりも金利が高いのか?消費者金融のビジネスモデルを理解すればその仕組みが分かります。
借金の2種類〜増えてきているタイプとは?
お金を借りる人のタイプには大きく分けて2種類があります。ここ最近で増えてきているのが、ギャンブルなどのお金を借りるのではなく、真面目に生活をしている人のタイプの借金です。
返済に苦しむ前に利息を理解しておく
お金を借りると必ず利息を支払わなくてはいけません。この利息を甘く見ていると、返済が苦しくなり自転車操業となってしまいます。